☆☆小学生 通常授業の内容について(2)

★小学生の授業内容★

国語…文章を読み取るのが苦手な生徒がいます。

文章の読み取りを、分野に分けて毎回読んでもらい、どのように読み取るかをていねいに指導します。正答を得る経験を持つことで、文章に対する自信が生まれます。

ポイントは、出題者との対話です。質問が何を聞いているのかを理解しなければ正しい答えは生まれません。

解答は問題文の中に必ずあるので、問題を解くことは、文章の中の宝探しともいえます。日々の生活の中でも、人の意見をしっかり聞く態度が生まれるかもしれません。

文章の正しい読み方を習慣づけていきます。漢字・文法などは、毎回テストを行うようにして、間違えた漢字は何度も練習します。

 

算数…各学年の復習をしていきます。「わかるまで…」がモットーです。

新5年生…掛け算・割り算の基本を復習します。

2ケタ以上の掛け算・割り算と、小数の掛け算・割り算はもちろん、足し算・引き算も練習します。数に関するいろいろな計算も、クイズ感覚でやってもらいます。

図形では、正方形・長方形の面積、分度器やコンパスを使って作図することをおさらいします。

新指導過程の単元も復習します。 新6年生…小数のあらゆる計算をしっかり身につけていきます。

割合・円の面積なども、小数の正しい計算ができないと正解できません。

また、小数の掛け算・割り算をしていくと、小数の足し算・引き算ができなくなる生徒もいます。

これらの計算を復習していきます。

さらに、最小公倍数・最大公約数や、約分、分数の加減乗除なども復習します。

図形では、新しく学んだ平行四辺形・円の面積ほか、図形の合同なども含めて復習します。図形と計算の両方を復習していきます。

 

英語・・・新指導要領により今年度から中学英語が、大きく変わりました。

会話重視から、文法力・読解力重視へと指導内容が変わり、単語数も大幅に増えます。

英語大好きの気持ちを育てながら、確実に英語力が、身につくように指導しています。

CDでいろいろな場面の会話や物語を聞いてリスニング能力を養います。

カードを使ったり、色を塗ったり、ゲームをしたりしながら、単語を覚え、 楽しくライティング力やリーディング力を育てます。

つまり英文の基本的な仕組みを理解する力、単語や英文を正しく発音し書く力を身につけます。

英語の基礎である、読む・書く・聞く力がしっかりと備わっていれば、英語が簡単に理解できるようになり、どんどん好きになって自信が持てます。                                              

 

6年生は、中学準備コースを取り入れて先取り学習を行っています。