◇◇中学1年生 通常授業授業内容について 

 

当塾の授業内容について(1年)☆

 

★通常授業の英語;

 

大まかに3つのパターンで、指導しています。

 

 常に9割近く得点できるが満点を目指してレベルアップしたい生徒

 

         

 

 いろいろな問題(もちろん難問にも挑戦します)を数多く解き、

 

英作文・長文読解などにも取り組むことでしっかりと実力を養い、

 

定期試験だけでなく、実力試験や中教研試験においても高得点を

 

獲得できるようにする。

 

 平均点前後は得点できるが、さらに点数を伸ばして得意科目にしたい 生徒

 

基本問題をおろそかにせず、数多く問題を解くことにより、自分が確実に理解していなかった箇所やミスをし易い箇所を把握して同じ間違いを繰り返さないようにする。

 

次に段階的に難しい問題を解いてステップアップを目指す。

 

 得点が平均点まで到達できず、不得意科目と思っているが克服したい生徒

 

 英語が不得意な原因は大きく分けて2つあります。 

 

1つは、単語や熟語を正確に覚えられないことです。単語や基本構文を声に出して読みながら、何度も書いて覚えることが最も大切です。塾では、試験前に、繰り返し確認テストを行いサポートしています。

 

もう1つは、1年の2学期あたりから急に複雑になる構文(文法)がよく理解できていないのに次々に新しい構文が出てくるため、頭の中が混乱してしまっていることです。

 

同じパターンの基本文を繰り返し解いて、着実に理解できるように指導しています。

 

 どのクラスも必ず学校の授業より先の単元を学習します。新しく学ぶ構文(文法)を解説し、それから個々に問題を解いて、理解を定着させます。

 

次に教科書の本文を説明し、それぞれが和訳し音読します。そうやって塾で予習して、学校の授業を受け、また問題を解いて、復習します。

 

定期試験対策授業では、高得点を目指して過去に出題された問題の類似問題などを数多く解くことにより、実践力を身につけます。  

 

通常授業の数学;

 

大まかに3つのパターンで、指導しています。

 

 ①平均点以上得点できるがさらに高得点を目指したい生徒

 

 

 

基本問題、応用問題を数多く解き、さらに作成したプリントなどを使ってより

 

難易度の高い問題にも挑戦します。学校で学んでいる単元がしっかり理解できている生徒は、次の単元に進み予習を行います。

 

 ②得点が平均点まで到達できず、不得意科目と思っているが克服したい生徒 

 

生徒それぞれの問題を解く過程をきめ細かく検証し、誤り易い箇所を指摘します。それから類似問題を繰り返し解いて、解き方のパターンをしっかり覚えてもらい誤りが少なくなるように指導します。

 

 基本的には、学校の授業の進度に従って、復習に重点を置いて指導しています。

 

 一斉授業方式ではなく、少人数指導だからこそできる1対1対応の授業を行っています。問題を解く過程を見て、生徒の理解度を正確に把握し、理解していない点や間違い易い箇所を指摘して、説明をしています。単元ごとに達成度90%以上を目標に繰り返し確認テストを行います。

 

定期試験や実力試験の前は、過去に出題された問題などを参考にして、問題を用意し、実践に備えています。そして問題文の読み違いや計算ミスがなくなるよう導きます。

 

もちろん学校の宿題や課題で質問があればいつでも受け付けています。

 

 

 ※ 中学生 通常授業のご案内→ここをクリック